ファスティング後の回復食

ファスティング後の回復食

ファスティング後の回復食のメニュー

 

ファスティング後に安心感や達成感から、暴飲暴食してしまい、
リバウンドしてしまったり、体調を崩してしまう方がいらっしゃいます。

 

ファスティング中は、スムージーや酵素ドリンクを飲み、栄養は補っているものの、
固形物を食べずに内臓をおやすみさせているので、そこにいきなり
普段と変わらない食事をすると身体がビックリしてしまいます。

 

回復食のルール

食事の量は徐々に増やしていく
辛いものや香辛料の強いものなど、刺激物は避ける
揚げ物や、焼肉など、胃に負担がかかるものは避ける
アルコール飲料は飲まない

 

<例>
朝:酵素ドリンクまたはグリーンスムージー
  湯豆腐 または 大根とこんにゃくの煮物(薄味)

 

昼:おかゆ+温野菜

 

夜:うどん(わかめ、卵入り)

 

翌朝:ご飯、豆腐の味噌汁、白身魚のホイル焼き(塩コショウで味付)

 

 

人それぞれ、消化機能は異なります。消化機能があまり強くない方は、
しばらく刺激物は避けたほうが良いと思います。

 

日頃から、消化器官を整えて置くと、ダイエットにも健康にも良いです。

 

毎日、酵素ドリンクグリーンスムージーを飲んで、
酵素をしっかりと摂取すると、消化器官の改善に効果的です☆

 

 

ファスティング後の体は、一時的に飢餓状態になっているため、すぐに普段と同じような食事をしてはいけません。
栄養の吸収率が非常に高くなっているため、高カロリーのものや甘いものなどを食べてしまうと、
リバウンドを起こしてしまったり、体調を崩してしまうこともあります。
ファスティングを実施した期間と同じくらいの期間を掛けて、元の食事に戻していくことが大切です。
ファスティング中は胃腸が休んでいる状態になっていますから、少しずつ普段の食事に戻していくといいですね。

 

ファスティング後の回復食として理想的なものは、消化が良く、柔らかいものがいいでしょう。
お粥やうどん、野菜スープなど、胃に優しい食べ物から食べていきましょう。
良く噛んで、ゆっくりと時間を掛けて食べるようにすると安心ですね。
1日目はお粥のみ、2日目はお粥と野菜、豆腐、味噌汁などの体に優しい食品を摂っていくといいでしょう。
栄養バランスの整った、和食中心の食事を心がけてくださいね。
体が慣れてきたからと言って、暴飲暴食などをしないよう、健康的な食事は続けていきましょう。

 

回復食の摂りかたで、ファスティングが成功か失敗かが決まってくるものです。
ファスティングが終了したからといって油断せず、回復食の選び方には気を遣うことが大切なのです。